<   2005年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
落し穴
しかし蜂ってのは本当にやっかいですね。なんか車に群がってくるんですよ。さっきもこんなことがありました。

その時私は車で山道を進んでいたんですが、とても良さそうなポイントを発見したんです。

そこは道路添い東向きの斜面、下草、落ち葉とも少なくいかにもきのこが生えていそうな感じでした。さらに木があまり密に生えていないため散策もしやすい絶好のポイントです。とりあえず車を止めて下見をしたあと、さあリュックを持って山に入ろうと車に戻ると、大量の蜂が車に群がっていました。

まあ、それぐらいではへこたれません。蜂をさらりと躱し車内に退避しようとドアを開けたところ……。

蜂が先に車内に入っていきました。

「一名様入りまーす」

「ああっ、おっきな蜂さんが入っ……て……」

無理です。逃げました。

離れてしばらく見ていると、蜂は座席に止まったりハンドルに止まったりしています。まさかこんな形でカージャックされるとは思いもしませんでした。

そして現在に至ります。

ああ、暑い。喉乾いた。お腹空いた……。

水も食料もすぐそこにあるのに。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-10 17:08
また
e0043878_1259568.jpg

付近を探してみたらもっと新しいものがありました。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-10 12:59
サルノコシカケ?
e0043878_1248237.jpg

二つ目。広葉樹の根元に生えていました。何だかちっちゃい子供たちが隠れているようで可愛らしいですね。

はじめは落葉松林で探していたんですが、しばらく歩くうちに雑木林に入っていたようで。

というわけで一つだけ頂いたんですが、剥がすときかなり堅かったです。これはサルノコシカケの仲間なんですかね? またしても手元の辞書には似たのがないですが。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-10 12:48
高原
e0043878_555296.jpg

天まで登るんじゃなかろうかと言うぐらい延々と斜面を登り、ハチ高原にやってきました。今いるところからは氷ノ山の山頂が見えます(多分)。

夜明けになんとか間に合いました。登ってくる間辺りはずっとブナ林に囲まれていたので、きのこも期待できそうです。

それにしても寒すぎます。なんかコオロギ泣いてますよ。

日の出を撮りたかったんですけどあいにく雲がかかっています。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-10 05:05
近況
こんばんは、缶璃です。当たり前です。

今は兵庫県の高原地帯にいます。近くに氷ノ山と言うのがあって、そこにはブナをはじめとする北陸地方の木々がたくさん生えているらしいので、夜が明けたらいってみようかなと思っています。

それは良いんですけど、夜明けまでが暇で暇で。日没する頃に寝て夜中に移動、朝からきのこ採りってサイクルで来たので、移動の必要がない今、何して時間つぶすかと言う。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-10 02:33
蜃気楼
入り口に立ててあった案内板を見て、私は戸惑いを隠せませんでした。案内板の最上部、その森の顔とも言える大切な位置付け、そこに記されていた文字は

『キノココースター』

なるほど、これなら地図にあった『親子で楽しめる』の下りも納得できます。その他にも親子で楽しめる陶芸教室の貼り紙、泥を模したキャラクターによる『どろんこ遊びって楽しいよ』と言うメッセージなどもありました。これらの催しやアトラクションに子供たちは目を輝かせることでしょう。そして親子はより深い絆で結ばれるでしょう。

いや、しかし何かが足りません。私がここに求めていたものについて全く触れられていないのです。

「あの……」

「いらっしゃい」

近くにいた係員に恐る恐る話し掛けると、満面の笑顔で出迎えてくれました。

「あの、ここってきのこを採ったりとかは……」

見る間に雲ってゆく係員の笑顔。長い沈黙。
そうです、ここはきのこを模したアトラクションが多数存在するきのこテーマパークでした。様々な種類の木々が生い茂り、その下にたくさんのきのこが群生するきのこの楽園ではありませんでした。

「きのこは今の時期あまり生えてないしねえ」

止めまで刺されました。

『夏に生えるきのこだってたくさんあるのに……』

抗議の言葉をぐっと飲み込み、きのこの森を後にしました。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-09 12:39
終着駅
e0043878_10295725.jpg

というわけで、やって来ましたきのこの森!
なんか長かったようなあっけなかったような。さっき苦労して手に入れたきのこ(後でアップします)は何だったのやら。

ともあれ、この森の充実具合によっては早くもこの旅は終了と言うこともありえます。憧れのきのこ、アイタケにも会えるかもしれません。

と言うか早くきのこに会いたいのでバイバイまたね!
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-09 10:29
なんか
福井県大飯町にきのこの森とか言うのがあるんですが……。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-09 08:50
きのこ採りにおける
とりあえず、現在地(福井の下の方)の近くに角川ファミリーレイクというのがあるのでそこに行ってみようと思います。

さて、きのこを採る時にどんなところに注意すればいいか知ってます?

まず服装は長袖長ズボンですよね。暑いので水着で山に入りたくなる気持ちも分かりますが、肌の露出が多いと蚊とか害虫に襲われてしまいます。人間にも襲われてしまいます。
あと黒ってのは野性動物の色なので、これも危険です。蜂なんかにも狙われやすいですし、熊なんかは黒い服だと人間だと気付きにくいので、ばったり鉢合わせてしまう事も多いようです。黒ビキニだと危険はさらに倍、もう一つ倍で、はらたいらになります。

それから知らないきのこは安易に食べない。私の場合は図鑑に乗っているきのこも間違えたらいけないので食べません。

あと一人で山に入らないとか、知らない山に入らないとかですね。
全然守れていない人がどこかにいます。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-09 07:02
若狭路・続
しかもその料金所は機能していませんでした。嫌がらせですか?

で、若狭路を通ったわけですが、景色がとても綺麗です。霧深い深山を抜ける天の架け橋みたいな。しかも途中から朝焼けまで混じりはじめました。ああ、通って良かった若狭路。

尚、その時の写真はありません。あしからず。運転中だったんだから仕方がないでしょうが!

肝心のあさひの森は気付かず通り抜けた模様。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-09 05:59