交流
長崎市から一時間ほど南下したところにある為石という地できのこポイントを探していました。

と、山の小道を登っていく家族を発見!

バケツを持って山に入るなんてきのこ採りに違いありません。最近ではきのこ採りも一大レジャースポーツとして地位を確立していますので、こういった方も多いのです。私の調べでは、このお盆に車で出掛ける家族の9割がきのこ採りです。人を見たらきのこと思ったほうが良いでしょう。

地元のきのこ採りの方と交流をもつのは大変有益なことです。その土地にどんなきのこが発生しているのか。お薦めのポイントはどこなのか。まあ、教えてくれないかも知れませんが、お気に入りのきのことか、きのこの思い出とかを話すだけでも楽しいはずです。多分。

そう思って急いで車を停めて山を登りはじめました。すでに上の方からは楽しげな声が聞こえてきます。もうきのこを発見したのかな? 急がなきゃ!

山の中腹、夏の日差しが差し込むその場所は、お墓でした。
[PR]
by isotope0001 | 2005-08-15 17:35


<< 鐘楼流し 手強いきのこ >>